赤ら顔を自分でケアする方法

皮膚科のステロイド軟膏は副作用のリスクがある

ニキビや紫外線や摩擦や不摂生な生活や自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れなど、赤ら顔の原因は様々です。

原因を特定して適切な対策によりその原因にアプローチすることが出来れば症状は改善されますが、原因を特定することが出来ず適切な対策方法も見出すことが出来ない場合は、皮膚科を受診してステロイド軟膏などを処方してもらうのが手っ取り早い方法となります。

しかし、皮膚科のステロイド軟膏は長期的に使用することが出来ませんし、副作用の問題もつきまといます。

効果が高く即効性がある反面リスクもありますので、安全性に対する意識とそれなりの覚悟を持って使用しなければなりません。

依存してしまう可能性もありますので、安易に使用するのは避けましょう。

皮膚科に行く前にまずはスキンケアを見直そう

皮膚科を受診する前に、まずは自分で出来る努力をしてみることが大切です。

積極的に行うべき対策はたくさんありますが、スキンケアを見直すことから始めてみるのが良いでしょう。

刺激に弱い敏感肌の人は、赤ら顔になりやすい傾向にあります。

紫外線や空気の乾燥や物理的な摩擦や大気汚染や花粉やハウスダストなどによる刺激を受けると、それが肌へのダメージとなり、コラーゲンが破壊されます。

コラーゲンが破壊されると肌の水分を保持することが出来なくなってしまい、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下することでターンオーバーの乱れや肌再生の遅れなどが生じ、赤ら顔の症状が出てしまうというメカニズムです。

ですので、敏感肌で刺激を受けやすい方は、積極的な保湿ケアが必須です。

こまめに潤いをチャージしてバリア機能を向上させ、水分保持力が高い肌に導くことが大事なカギとなります。

肌に優しい赤ら顔用の化粧水がおすすめ

赤ら顔の大敵は、外的な刺激です。

極度な敏感肌の場合は、化粧水を馴染ませるという行為自体が肌ダメージとなってしまう可能性もあるので気をつけなければなりません。

赤ら顔の症状を緩和させるために保湿ケアをしても、それが刺激となり症状が悪化してしまっては元も子もありませんので、化粧水選びにもこだわる必要があります。

赤ら顔に悩む敏感肌の人に最適なのは、低刺激で肌に優しい無添加タイプの化粧水です。

鉱物油やアルコールや合成着色料や石油系界面活性剤や合成香料など、肌への刺激となり得る添加物が含まれていないもの。
安心して使用し続けることが出来る無添加化粧水を見つけて、肌への刺激を最小限に抑えた保湿ケアを実現させましょう。

実は、敏感肌をケアして赤ら顔を解消してくれる専用の化粧水があります。

それがこちらの化粧水です。

私も愛用しているのですが、使っているうちに顔の赤みが気にならなくなってきて驚いてます。